青山知可子の「濡れ場シーン」が最高にエロい映画1選【ネタバレあり】

青山知可子の「濡れ場シーン」が最高にエロい映画1選【ネタバレあり】

この記事では、青山知可子が濡れ場を演じた映画を紹介します。

青山知可子と言えば、90年代を代表する実力派女優の1人です。ただ、最近は映画やドラマで見なくなりましたね。

そんな青山知可子ですが、デビュー当時に1度濡れ場のある映画へ出演しています。守りたくなる表情と引き締まった体は当時の男性を虜にしていました。

前置きはこのくらいにして、青山知可子の濡れ場シーンのある映画を紹介します。

青山知可子の「濡れ場シーン」がエロい映画1選

青山知可子の「濡れ場シーン」がある作品は、次の通り。補足として、ヌード写真集についても紹介します。

青山知可子の濡れ場作品

  • 映画1:ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ~

映画のあらすじと濡れ場シーンを解説します。(※ネタバレ内容を含んでいます。

映画1:ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ~


©1990「ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ~」製作委員会より

この映画は、東映Vシネマ初期の代表作です。Vシネマの帝王と呼ばれる哀川翔のデビュー作品であり、Vシネマの原点となったコメディ物語です。

特技も学歴もないチンピラ水田(哀川翔)は、駆け出しのヤクザをしていました。ある日幹部に呼び出され、対立する風間組のヒットマン(鉄砲玉)に指命されてしまいます。水田は「ぴゅ〜」と逃げ出したい気持ちで、最後まで任務を遂行すべきか悩みます、、。

個人的な感想としては、内容がうまくまとまっており面白かったです。ラストのオチもグッとくるものがあり、極道系が好きな人には刺さる作品かと思います。濡れ場シーンも文句なしのエロさと大胆さがあり、青山知可子の豊満なボディがこれでもかと拝めます。

濡れ場シーン


©1990「ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ~」製作委員会より

夢子(青山知可子)と水田がセックスするシーンです。外で激しくキスをした後、室内に入りお互いの体を求めます。


©1990「ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ~」製作委員会より

寝ている夢子を水田が襲い込むシーンです。水田は布団の中に潜り込み、豊満なおっぱいを優しく揉み始めます。


©1990「ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ~」製作委員会より

夢子と水田が野外でセックスするシーンです。服を着た状態のまま、お互いの欲求を解消し合います。

若かりし頃の青山知可子の魅力が存分に引き出されていた作品でした。騎乗位で爆乳が荒ぶるシーンは最高でしたね。

(記事下に移動します)

おまけ:ヌード写真集について

青山知可子は今まで2つのヌード写真集を出版しています。

どちらの写真集も絶版で、プレミアム価格で売買されています。そのため、よほどでない限り、購入する必要はないかと思いますが、とりあえず一つを紹介します。

1990年:亜熱帯気候

有名カメラマンの篠山紀信が撮影したヌードの写真集です。


「亜熱帯気候」より 撮影:篠山紀信

大きなバストがこれでもかってほど強調されていますね。上記の画像の通り、官能的なショットが多くあります。

発売されてからすでに30年以上経ちますが、いまだに5,000〜8,000円ぐらいのプレミアム価格で売買されているんですよ。

青山知可子の経歴と濡れ場の出演を決めたきっかけ

青山知可子のデビューから現在までの経歴と、濡れ場シーンへの出演を決めたきっかけをまとめました。

経歴をプレイバック

1988年:写真集をきっかけに芸能界デビュー

篠山紀信の作品集「紀信の表紙写真館」に掲載されたことをきっかけに、女優として芸能界デビューを果たします。

1981年〜2019年:数々の映画やドラマに出演

女優デビュー後、数々の映画に出演することとなります。とくにNHKの連続テレビ小説や、大河ドラマに何度も出演しており、長年見ている人にとっては親しみのある女優かもしれません。主演作品は少ないものの、印象に残るような脇役キャラを演じていました。

映画やドラマの出演だけでなく、大手企業のCMにも何度か起用されています。

2006年:韓国映画にも出演

デビュー当時から女優として実績を積み上げてきた彼女は、香港映画「恋するブラジャー大作戦(仮)」に、日本人役として出演。この作品は香港で大ヒットとなり、週間興行成績で初登場2位と好調な成績を残しました。

2022年(現在):芸能活動はしていない様子

2019年「江戸前の旬season2」へ出演以降、出演情報はありません。事務所の公式HPにプロフィールが掲載されていることから、事務所への在籍はしているものの、3年ほど前から芸能活動はしていないようです。

以前より、スクールやサロンの経営、セラピスト育成講師として活躍されているので、そちらの方面で活動しているのかもしれません。

彼女は今年で56歳。芸能界から離れた人生を謳歌しているのかもしれませんね。

濡れ場の出演を決めたきっかけ

テレビや雑誌取材で濡れ場に関する直接的な話はなかったので、以下はあくまでも考察になります。

結論から言うと、女優としての活動の幅を広げたかったのではないでしょうか。彼女がこの映画に出演したのはデビューから間もない頃であり、女優として駆け出しの時期でした。

そのため、極道や濡れ場という新しいジャンルに挑戦したのだと思います。結果的に作品は大ヒット。それ以降も彼女はこの作品の続編だけでなく数々の極道シリーズに出演するようになります。

大胆な演技もさることながら、あの色っぽい体は何度見てもヨダレが出るほど美しいですね。

青山知可子が出演する映画を、無料で視聴する方法

上記で紹介した映画を含めた、官能映画やR指定映画をまとめて視聴するなら「U-NEXT」がおすすめです。

U-NEXTであれば月額2,189円で映画や雑誌、アダルト動画が見放題です。もちろん上記で紹介した映画は見放題です。

31日間無料でお試しできます

今なら31日間の無料体験を実施しているので、無料で視聴ができますよ。青山知可子の映画を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。