芦名星の「濡れ場シーン」が最高にエロい映画1選【ネタバレあり】

芦名星の「濡れ場シーン」がエロい映画1選【ネタバレあり】

この記事では、芦名星が濡れ場を演じた映画を紹介します。厳密に言えば、直截的な濡れ場を演じた作品はありません。ただし、エロシーンはあるので、その作品について紹介します。

芦名星と言えば、クールビューティーな役柄をこなすことが多い女優ですよね。ボディラインもかなり引き締まっていて非常に美しい女優でもあります。

そんな芦名星ですが、映画では小さいながらも張りのあるおっぱいが大胆にもあらわになっています。前置きはこのくらいにして、芦名星の濡れ場シーンのある映画を紹介します。

芦名星の「濡れ場シーン」がエロい映画1選

芦名星の「濡れ場シーン」がある作品は、次の通り。補足として、ヌード写真集についても紹介します。

芦名星の濡れ場作品

  • 映画1:シルク

映画のあらすじと濡れ場シーンを解説します。(※ネタバレ内容を含んでいます。

映画1:シルク

この映画は、世界的にベストセラーとなった小説を映画化した恋愛ストーリーです。日本・カナダ・イタリアの合同作品であり、その制作費は30億円にも及びます。

作品は、妻のいるエルヴェ(マイケル・ピット)が日本で出会った少女に恋に落ち、その思いに葛藤する物語です。エルヴェは蚕の卵を求めて日本へ赴きます。そこで出会った絹のように美しい肌を持つ少女(芦名星)と惹かれ合うも、最後は悲しい結末が待ち受けています。

個人的な感想としては、セリフが少なく状況判断で物語が進んでいくため内容に分かりにくかったです。また、芦名星と渡辺奈緒子の顔やボディラインが似ているため、しっかり内容を理解して見ていないと、濡れ場シーンではどちらがセックスしているか混乱する方は多いかと思います。

濡れ場シーン

直接的な濡れ場シーンはありませんが、エロシーンを紹介。


画像元:©2017「シルク」製作委員会

雪景色の中、少女(芦名星)が露天風呂で入浴するシーンです。小さいながらも張りのあるおっぱいが雪の白背景によく似合います。


画像元:©2017「シルク」製作委員会

シーンの中盤では、女性(渡辺奈緒子)の濡れ場シーンもあります。
エルヴェが日本側の性接待により、女性と体を1つにするシーンです。セックス中、一言も言葉を交わさずゆっくりと女性がエルヴェの体にキスをします。


画像元:©2017「シルク」製作委員会

エルヴェが女性の上に乗り、体を弄り始めます。それを見た少女(芦名星)は涙を流します。

少女が涙を流したのは、性接待という形でもいいからエルヴェと繋がりたかったという気持ちから流れた涙なのではないでしょうか。

(記事下に移動します)

おまけ:写真集について

芦名星は写真集を1冊だけ出版しているのはご存知ですか?
グラビア写真集ではないのですが、芦名星の綺麗なスタイルがよく分かる写真集です。

2010年:「月刊 芦名星 上海ドール」

デビュー8年目に発売された写真集です。


「月刊 芦名星 上海ドール」より 撮影:蜷川実花

グラビア写真集ではなく、アーティストテイストの写真集です。そのため、露出は少なめです。ただ、ファッション誌のモデル出身だけあって、すらりと伸びた手足がとても綺麗です。

以前まではプレミア価格で発売されていましたが、今ではほぼ定価で購入できるようになりました。

芦名星の経歴と濡れ場の出演を決めたきっかけ

芦名星のデビューから現在までの経歴と、濡れ場シーンへの出演を決めたきっかけをまとめました。

経歴をプレイバック

2002年:モデルデビュー

所属事務所にスカウトされモデルデビューを果たします。元々は歌手志望でしたが、「お前は歌手ではない」と言われ、すぐに歌手を断念しモデル業へ専念されたそうです。

デビュー後は、ファッション雑誌の「CanCam」や「INKY」などに出演し、一躍有名モデルとなりました。

2006年:映画「シルク」のヒロインに抜擢される

オーディション800人の中から選ばれ、映画『シルク』のヒロインに抜擢されます。

以前より、「Stand Up!!」や「仮面ライダー響鬼」、「ジャンプ」など、何度か映画やドラマに出演されていましたが、この映画「シルク」への出演をきっかけに女優活動に専念することとなります。

とんとん拍子で女優街道を駆け巡っている感じですね。下積みがある人からしたら、かなり羨ましい経歴だと思います。

2006年〜2020年:数々の映画やドラマに出演する

映画「シルク」出演以降、女優として名が評価され、数々の映画やドラマに出演するようになりました。出演作は脇役が多いですが、綺麗な顔立ちからヒロイン役に抜擢されることも多かったです。

2020年:死去

自宅マンションで死亡しているのを親族が発見しました。36歳という若さで、この世を去りました。現場の状況から自殺を図ったと見られています。芦名星が亡くなられたニュースを見た時は驚きました。

2020年は芦名星だけでなく三浦春馬や竹内結子などの名俳優・女優が亡くなった年でもあり、様々な噂が飛び交いましたね。

濡れ場の出演を決めたきっかけ

芦名星は映画「シルク」で初めての濡れ場を演じています。テレビや雑誌取材などでは出演きっかけは、具体的に語られていないので以下はあくまでも考察になります。

結論から言うと、忠実に役柄を再現するために成るべくしてなったのだと思います。芦名星は、映画「シルク」を演じるにあたり以下のような発言をしています。

「本を読んだときから少女のイメージがわき、監督の考えていることがすぐに分かりました」

実際に、セリフが1つもなく、目としぐさだけで表現をしなくてはいけない役柄を演じきっています。濡れ場(エロシーン)も、その表現の1つとして捉えていたのではないのでしょうか。

さすが800人のオーディションの中から抜擢されただけありますね。演技から芦名星の覚悟を感じました。

芦名星が出演する映画を、無料で視聴する方法

上記で紹介した映画を含めた、官能映画やR指定映画をまとめて視聴するなら「U-NEXT」がおすすめです。

U-NEXTであれば月額2,189円で映画や雑誌、アダルト動画が見放題です。もちろん上記で紹介した映画は見放題です。

31日間無料でお試しできます

今なら31日間の無料体験を実施しているので、無料で視聴ができますよ。芦名星の映画を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。