土居志央梨の「濡れ場シーン」が最高にエロい映画4選【ネタバレあり】

土居志央梨の「濡れ場シーン」が最高にエロい映画2選【ネタバレあり】

この記事では、土居志央梨が濡れ場を演じた映画を紹介します。

土居志央梨と言えば、学生役から風俗嬢役まで幅広い役柄で活躍している女優ですよね。素朴な顔立ちながらも、演じる役柄はどれも「危険でエロい女」です。

そんな土居志央梨ですが、過去にいくつかの作品で濡れ場演技を披露しています。大胆かつ魅惑的な演技に、興奮すること間違いありません。

前置きはこのくらいにして、土居志央梨の濡れ場シーンのある映画を紹介します。

土居志央梨の「濡れ場シーン」がエロい映画4選

土居志央梨の「濡れ場シーン」がある作品は、次の通り。

土居志央梨の濡れ場作品

  • 映画1:リバーズ・エッジ
  • 映画2:108〜海馬五郎の復讐と冒険〜
  • 映画3:赤い玉、
  • 映画4:ヒメアノ〜ル

映画のあらすじと濡れ場シーンを解説します。(※ネタバレ内容を含んでいます。

映画1:リバーズ・エッジ


©2017「リバーズ・エッジ」製作委員会より

この映画は、漫画家である岡崎京子の同名コミックを実写映画化したものです。若者たちの「生」に対する欲望・葛藤を表現した青春ストーリーとなっています。

主人公・ハルナ(二階堂ふみ)は、放置された死体を目の当たりにします。ハルナと共に死体を見た山田(吉沢亮)は「勇気が出る」と意味深な発言、、。さらに後輩のこずえ(SUMIRE)もその死体の存在を知っており、3人は歪んだ絆で結ばれていきます。

個人的な感想としては、キャストがどれも適役で原作を見事に表現していました。しかし、シナリオには不必要な濡れ場シーンが多かった印象が残ります。濡れ場目的なら楽しめますが、物語を楽しみたい人にとってはマイナス評価になるかもしれません。

濡れ場シーン


©2017「リバーズ・エッジ」製作委員会より

ルミ(土居志央梨)がクラスメイトとキメセクするシーンです。2人で薬物を摂取した後に無我夢中で快楽を追い求めます。


©2017「リバーズ・エッジ」製作委員会より

ルミがクラブで出会った男とセックスするシーンです。金銭の代わりに自身の若い体を差し出します。

土居志央梨以外にも二階堂ふみの濡れ場シーンも登場します。どちらも豊満かつ綺麗なおっぱいで、終始釘付けでした。

(記事下に移動します)

映画2:108〜海馬五郎の復讐と冒険〜


©2019「海馬五郎の復讐と冒険」製作委員会より

この映画は、監督である松尾スズキ自らが主演を務めたコメディ作品となっています。「エロス×カオス」を混合した世界観が楽しめます。

脚本家・海馬五郎(松尾スズキ)は、妻が若いダンサーへ恋をしていることをSNSの投稿で知ってしまいます。さらにその投稿には108件もの「いいね」が届いていました。ショックを受けた海馬は離婚を決意。さらに離婚の前に資産を使い果たそうと考え、規格外な計画を思いつきます。

個人的な感想としては、期待通りのコメディ映画でした。コメディでありながらも濡れ場シーンは多く登場します。そのどれもが本格的であるにもかかわらず、松尾スズキ監督の演出により面白さも兼ね備えたものとなっていました。

濡れ場シーン


©2019「海馬五郎の復讐と冒険」製作委員会より

高級風俗店で働くあずさ(土居志央梨)とセックスするシーンです。五郎は妻のことが気になり、全くアソコが勃ちません。


©2019「海馬五郎の復讐と冒険」製作委員会より

後日、あずさを再び指名してセックスするシーンです。以前とは違いギンギンに勃起したアソコであずさを満足させます。

リアルな風俗シーンはあまりありませんでしたが、どの風俗嬢も可愛くて常に興奮してしまいました。

映画3:赤い玉、


©2015「赤い玉、」製作委員会より

この映画は、「性」をテーマにしたヒューマンドラマとなっています。男たちが老いていく中で生まれる性への葛藤や焦燥感が描かれています。

大学で映画撮影の分野を教える時田(奥田瑛二)は、新作映画の撮影に取り掛かれないスランプ状態に陥っていました。そんな時田の前に、女子高生・律子(村上由規乃)が現れます。時田はその日から律子の尾行を始め、監督としての情熱がどんどんと戻り始めます。

個人的な感想としては、人間の欲望が丁寧に描かれていた作品だと思いました。シナリオは非現実的でしたが、妙にリアリティのある演出で驚きました。しかし、最後のラストシーンは何だか呆気なく終わってしまったため、賛否両論あるかと思います。

濡れ場シーン


©2015「赤い玉、」製作委員会より

愛子(土居志央梨)が男とセックスするシーンです。おっぱいを揺らしながら、激しく腰を動かし騎乗位を続けます。

実はまだこの作品を演じていた時、土居志央梨は現役の大学生でした。大学生であの脱ぎっぷりは本気度を感じます。

映画4:ヒメアノ〜ル

この映画の内容は現在執筆中です。少々お待ちくださいませ。

土居志央梨の経歴と濡れ場の出演を決めたきっかけ

土居志央梨のデビューから現在までの経歴と、濡れ場シーンへの出演を決めたきっかけをまとめました。

経歴をプレイバック

2015年:女優として本格的に活動を始める

大学在学中から、映画「彌勒 MIROKU」や「赤い玉、」に出演するなど、学業と並行して女優活動を行っていました。大学卒業後は事務所に所属し、本格的に女優業を始めることとなります。

2015年〜:バレリーナ経験を活かして舞台女優としても活躍

女優として本格活動を始めた彼女は、映画だけでなく舞台女優としても活躍し始めます。元々、大学時代はバレエ団の公演もしていた彼女にとって、舞台での表現力は群を抜いていました。そんな自身の強みを活かして、順調に女優街道を突き進んでいきます。

2022年(現在):現在も映画や舞台に出演

本格活動をスタートさせて8年目となる彼女は、現在も数々の映画や舞台で活躍されています。今年もすでに映画「世の中にたえて桜のなかりせば」や舞台「広島ジャンゴ2022」に出演しており、順風満帆な女優活動を続けています。

SNSも頻繁に更新されています。告知情報がほとんどですが、時々彼女のオフな姿も拝めますよ。

濡れ場の出演を決めたきっかけ

映画「リバーズ・エッジ」で濡れ場シーンを披露した彼女は、メディアの取材で以下のように答えています。

「とにかく、その作品が面白くなればいい。」

自分が演じる役柄をリアルに演じることをポリシーにしている彼女にとって、濡れ場シーンはその役柄を「生っぽく」演じる表現の1つとして捉えているのだと思います。

同インタビューで彼女は、裸に関して「ご飯食べている感覚と一緒」と答えています。これぞ女優魂ですね。

土居志央梨が出演する映画を、無料で視聴する方法

上記で紹介した映画を含めた、官能映画やR指定映画をまとめて視聴するなら「U-NEXT」がおすすめです。

U-NEXTであれば月額2,189円で映画や雑誌、アダルト動画が見放題です。もちろん上記で紹介した映画は見放題です。

31日間無料でお試しできます

今なら31日間の無料体験を実施しているので、無料で視聴ができますよ。土居志央梨の映画を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。