桝田幸希の「濡れ場シーン」が最高にエロい映画3選【ネタバレあり】

桝田幸希の「濡れ場シーン」が最高にエロい映画3選【ネタバレあり】

この記事では、桝田幸希が濡れ場を演じた映画を紹介します。

桝田幸希と言えば、綺麗な顔立ちと頬にあるホクロが特徴的な女優ですよね。グラビアモデルとして活動していた時期もあるので、ナイスバディの持ち主でもあります。

そんな桝田幸希ですが、過去に濡れ場演技を披露しています。どの作品も大胆な脱ぎっぷりであり、その演技は迫力があります。

前置きはこのくらいにして、桝田幸希の濡れ場シーンのある映画を紹介します。

桝田幸希の「濡れ場シーン」がエロい映画3選

桝田幸希の「濡れ場シーン」がある作品は、次の通り。

桝田幸希の濡れ場作品

  • 映画1:風に濡れた女
  • 映画2:甘い鞭
  • 映画3:どうしようもない恋の唄

映画のあらすじと濡れ場シーンを解説します。(※ネタバレ内容を含んでいます。

映画1:風に濡れた女


©2016「風に濡れた女」製作委員会より

この映画は、日活ロマンポルノ45周年を記念して制作されたものです。「無欲な男」と「貪欲な女」が展開する奇妙なアダルトラブストーリーです。

過去と現実から逃避するかのように、山小屋にこもっている主人公・高介(永岡佑)。そんな彼の前に突如、汐里(桝田幸希)が現れます。高介とは正反対の彼女は、生命力に満ち溢れ破天荒な行動をします。そんな彼女に高介は徐々に惹かれていきます。

個人的な感想としては、日活ロマンポルノらしさが出ていた作品でした。キャストも適役で、特に桝田幸希の体を張った演技は見事でしたね。後半からは濡れ場シーンが怒涛に続くため、映画を見ているというよりも企画もののAVを見ている気分でした。

濡れ場シーン


©2016「風に濡れた女」製作委員会より

響子(鈴木美智子)と汐里がレズセックスするシーンです。汐里の気持ちの良い前戯に響子は悶え続けます。


©2016「風に濡れた女」製作委員会より

汐里と高介がセックスするシーンです。セックスが激しすぎて小屋が崩壊してもなお、2人は行為を続けます。

日活ロマンポルノなだけに、エロさ満載の演出でした。非現実的なシーンも多かったですが、下手なAVよりも興奮しましたね。

関連記事映画「風に濡れた女」のあらすじと濃厚な濡れ場シーン【無料視聴の方法も紹介】


(記事下に移動します)

映画2:甘い鞭


©2013「甘い鞭」製作委員会より

この映画は、作家である大石圭の同名小説を実写映画化したものです。昼は女医、夜はSM嬢の顔を持つ奈緒子(壇蜜)が、過去に体験した“甘い蜜の味”を追い求める官能スリラー作品です。

主人公である奈緒子の、現実と過去を行き来しながら物語が進展していきます。監禁された過去のある奈緒子は、現在もそのトラウマに苛まれていました。しかし、監禁時に口の中に感じた“甘い蜜の味”をもう一度堪能したと感じたいと思い、M嬢として働きます。

個人的な感想としては、B級映画の中では格段に面白い内容でした。過去と現在が交互に映し出される演出でしたが、状況が分かりやすくなるよう工夫されており良かったですね。シーン全般に濡れ場が多く、そのどれもがAV並みの演出で驚きました。

濡れ場シーン


©2013「甘い鞭」製作委員会より

監禁された17歳の奈緒子が自身の姿を見つめるシーンです。手錠と首輪をつけた自分を見つめ、静かに涙します。


©2013「甘い鞭」製作委員会より

17歳の奈緒子が誘拐犯にお仕置きされるシーンです。ベッドに縛られ、何度もベルトで鞭打ちされます。

作中では壇蜜の濡れ場シーンも登場します。桝田幸希とは異なったエロさがあり、どちらも最高の演技でした。

関連記事映画「甘い鞭」のあらすじと濃厚な濡れ場シーン【無料視聴の方法も紹介】

映画3:どうしようもない恋の唄


©2018「どうしようもない恋の唄」製作委員会より

この映画は、小説家である草凪優の作品を実写映画化したものです。人生どん底の男とソープ嬢が送る、官能ラブストーリーです。

矢代(カトウシンスケ)は、仕事も家庭もうまくいかず、生きる希望を失っていました。そんな矢代のもとに、偶然現れたソープ嬢のヒナ(藤崎里菜)。矢代は純粋なヒナの存在により、徐々に生きる希望を見出していきます。

個人的な感想としては、起承転結がハッキリとせず、タイトル通り「どうしようもない」オチで消化不良となった作品でした。主人公のクズ感やヒロインのエロさは最大限発揮できていたので、もっと役柄を活かしたシナリオ・演出にして欲しかったですね。

濡れ場シーン


©2018「どうしようもない恋の唄」製作委員会より

レイコ(桝田幸希)と矢代がセックスするシーンです。ヒナが他の男とセックスしているのを横目に矢代もレイコとセックスを続けます。

桝田幸希以外に、主演を演じた藤崎里菜の濡れ場シーンもあります。藤崎里菜はリアリティ追求のために、実際にソープ嬢から講習を受けたようですよ。

桝田幸希の経歴と濡れ場の出演を決めたきっかけ

桝田幸希のデビューから現在までの経歴と、濡れ場シーンへの出演を決めたきっかけをまとめました。

経歴をプレイバック

2009年〜:女優として本格的に活動を始める

もともとグラビアモデルとして芸能関連の仕事を行なっていましたが、徐々に女優活動へシフトチェンジします。完全に女優業に専念するというよりは、兼業って感じですね。

2013年:石井隆監督の作品に出演し注目を集める

女優としてなかなか芽が出ませんでしたが、石井隆監督の映画「フィギュアなあなた」や「甘い鞭」に出演したことで、知名度が上がり始めます。これらの作品以降、映画だけでなく舞台にも出演するようになりました。

2022年(現在):舞台とラジオを中心に活動

現在は舞台とラジオを中心に活動しています。残念ながら、以前のように映画やドラマへの出演はほとんどありません。最近だとYouTubeにも取り組んでいますが、登録者数は1000人少しなので苦戦しているようです。

演技力は素晴らしいのですが、滑舌と声質があまり良くないんですね。この辺が人気が出ない理由かなと。

濡れ場の出演を決めたきっかけ

映画「どうしようもない恋の唄」で濡れ場シーンを披露した彼女は、メディアの取材で以下のように答えています。

「(濡れ場シーンよりも)舞台挨拶のほうが恥ずかしい」

女優としてプロ意識を持っているからこそ、作品をより良くしようと濡れ場シーンに挑んでいるのだと思います。

破天荒なキャラやクールな役柄の濡れ場を演じるなら、桝田幸希はピカイチですね。

桝田幸希が出演する映画を、無料で視聴する方法

上記で紹介した映画を含めた、官能映画やR指定映画をまとめて視聴するなら「U-NEXT」がおすすめです。

U-NEXTであれば月額2,189円で映画や雑誌、アダルト動画が見放題です。もちろん上記で紹介した映画は見放題です。

31日間無料でお試しできます

今なら31日間の無料体験を実施しているので、無料で視聴ができますよ。桝田幸希の映画を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。