映画「丑三つの村」のあらすじと濃厚な濡れ場シーン【無料視聴の方法も紹介】

映画「丑三つの村」のあらすじと濃厚な濡れ場シーン【無料視聴の方法も紹介】

この記事では、映画「丑三つの村」のあらすじや濡れ場シーンについて紹介します。

視聴方法だけを知りたい人はこちら
(この映画をフルで無料視聴する方法)

この作品は、戦時中に起きた殺害事件を題材にしたサスペンスストーリーです。閉鎖的な村が舞台となっており、病気への差別から、主人公の苦悩が描かれた作品となっています。

見どころとしては、出演する女優たちの大胆な濡れ場シーンです。田中美佐子を筆頭に、どの女優も体当たりな演技を披露しており、映画としてもオカズとしても見応えのあるシーンばかりでした。

一部ネタバレも含んでいますが、この映画を見ようか考えている人はこの記事を参考にしてみてください。

映画「丑三つの村」のあらすじと私の感想


©1983「丑三つの村」製作委員会より

公開 1983年1月15日
原作 津山事件を題材にした小説
主要キャスト 古尾谷雅人、田中美佐子
年齢制限 R15+
視聴時間 105分

あらすじ「序盤・中盤・後半・結末」

ストーリーを序盤・中盤・後半、そして、結末(クライマックス)の4つに分割して解説します。

序盤のストーリー


©1983「丑三つの村」製作委員会より

村一番の秀才であった継男(古尾谷雅人)は、兵士として出征することを夢見ていました。その日も夢のため勉強に励みますが、突如咳こみ始めます。後日医者に診てもらうも、はっきりとした病名は診断されませんでした。

ある夜継男は、暗闇に包まれていた村に、ポツンと1軒だけ灯りのある民家を発見します。不思議に思った継男は、その屋内をこっそりと覗くことに、、、。

そこには村人の勇造(夏木勲)が、えり子(池波志乃)を夜這いしている光景がありました。男女が交わる生々しい場面を目の当たりにした継男は、夢中になって人のセックスを見続けます。

数日後、えり子の家を訪れた継男は、そのままえり子に押し倒され逆レイプされてしまいます。しかし継男は、まんざらでもない表情で、あっという間に絶頂を迎えてしまいます。

その後も継男は、別の女性に誘われセックスをします。窮屈な村だからこその暇つぶしだったのでしょうか。

中盤のストーリー


©1983「丑三つの村」製作委員会より

入隊試験が近づくにつれ、継男の咳の症状は悪化していきました。継男の恋人であるヤスヨ(田中美佐子)は、そんな彼を心配しつつ優しく声をかけます。

入隊試験当日、継男は徴兵検査で結核と診断されてしまいます。この診断をきっかけに出兵が拒否され、継男は泣き崩れ絶望します。しかし、本当の悪夢はここからでした。

村には、継男が入隊試験に落ちたことや、結核と診断されたことがすぐに広がっていました。そして掌を返すように、村人たちは継男を避け始めるようになります。

さらに、恋人であるヤスヨは、違う男性と結婚することに(父親が勝手に決めてしまった)。ヤスヨは最後に「大好きやったよ」と告げ、その場を後にします。

結核によって自分の夢を奪われ、村から差別を受けた継男の絶望は計り知れないものだったでしょう、、。

終盤のストーリー


©1983「丑三つの村」製作委員会より

結核と判明されてからも、継男は性欲が抑えきれずに、今まで関係を持った女性たちにセックスを誘い込みます。しかし、どの女性にも断られてしまいます(結核が怖いため)。

兵隊としても男としても相手にされなくなった継男は、閉鎖的な村の悪習を恐れ「用のない人間は殺される」と思い込むようになります。

そこで継男は「自分が殺される前に殺せば良い」と考え、村人の殺害計画を企てることに。その日から、猟銃や日本刀を用意し始めます。

日に日に村人からの風当たりが強くなってきたことをきっかけに、継男はついに村人殺害を決意。決行日は10月20日の丑三つ時に決め、元恋人のヤスヨに「その日だけは村に近づかないように」と手紙をつづりました。

村の悪習によって、勤勉だった継男の思考が歪んだものになっていった印象がありますね。

結末(クライマックス)


©1983「丑三つの村」製作委員会より

丑三つ時となり継男は、軍服に着替えるとともに、殺害の準備を始めます。そして村を徘徊し、自分を差別しさげすんだ村人を順番に殺害していきます。

無差別に村人を全員殺していく継男。しかしその途中、手紙を受け取ったヤスヨが継男の元に駆けつけます。ヤスヨは、涙を流しながら継男を止めるも、継男は聞く耳を持ちませんでした。

殺害計画を終わらせた継男は、再びヤスヨと対面します。継男はヤスヨに別れを告げ、一人で山へ向かいます。

そして村全体を見渡すと「皆様方よ、さようならで御座いますよ」とつぶやき、猟銃の銃口を自身の口にふくみ、物語は終了します。

村人を殺害するための準備シーンは、まるで戦争に向かうようでした。彼の夢だった兵士になる姿を彷彿とさせる演出で、切なさを感じましたね。

実際に視聴した個人的な感想

この映画の個人的な評価
物語
(3.0)
配役
(2.5)
映像
(2.5)
音響
(3.0)
エロさ
(3.0)
総合評価
(3.0)

実際にあった事件を元にしているため、村の悪いしきたりや差別などのリアルさが伝わってきました。

しかし、結核で夢を絶たれ、差別された主人公の苦悩があまり伝わってこなかったのが残念でした。どちらかというと夜這いを拒まれた逆恨みで、殺害を決意したような演出でしたね。殺害シーンも長い尺のわりには単調であり、後半からは少し飽きがきてしまう作品でした。

濡れ場シーンは、どの女優さんも見事な演技を披露しているので、濡れ場目的で見るのであればオススメできる作品です。

映画「丑三つの村」の濡れ場シーンを紹介

シーン全般に各女優の濡れ場シーンが登場します。どの女優さんも体当たりで大胆な演技となっており、主人公を羨む気持ちでいっぱいになりました。

池波志乃の濡れ場


©1983「丑三つの村」製作委員会より

えり子が継男を無理矢理押し倒すシーンです。「村一番の男の味」と言いながら、継男のアソコをしごき始めます。その気持ちよさに継男はすぐに果ててしまいます。

五木みどりの濡れ場


©1983「丑三つの村」製作委員会より

継男とミオコ(五木みどり)のセックスシーンです。旦那が出稼ぎ中で家を空けているため、継男を家に誘い出し、性欲を解消し始めます。


©1983「丑三つの村」製作委員会より

継男とミオコの2度目のセックスシーンです。激しくセックスする2人ですが、ミオコは結核の感染を恐れ、キスを拒みます。

田中美佐子の濡れ場


©1983「丑三つの村」製作委員会より

継男が入浴中のヤスヨを襲うシーンです。そのままセックスすると思いきや、継男が結核の症状で吐血し、最後まで至らず終了します。


©1983「丑三つの村」製作委員会より

継男とヤスヨがセックスするシーンです。ヤスヨは「好きなようにして」と継男との交わり合いを求めます。

関連記事田中美佐子の「濡れ場シーン」が最高にエロい映画2選【ネタバレあり】

ヤスヨの初々しい濡れ場シーンも良かったですが、えり子やミオコの性にだらしない濡れ場シーンも最高に興奮しました。

映画「丑三つの村」を無料で視聴する方法

映画「丑三つの村」を無料で視聴するなら「U-NEXT」がおすすめです。理由としては、31日間の無料お試しを実施していますし、他の官能映画も見放題で視聴することができるからです。

また、他の動画配信サービスとは違い、アダルト動画も見放題で視聴することが大きなメリットです。

31日間無料でお試しできます

まずは無料トライアルで「丑三つの村」を楽しんでみてください。無料期間が過ぎる前に解約すればお金もかからず無料で視聴できますよ。

関連記事【本音】U-NEXTアダルトの評判【無料体験と解約方法の手順も解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。