映画「最低。」のあらすじと濃厚な濡れ場シーン【無料視聴の方法も紹介】

この記事では、映画「最低。」のあらすじや濡れ場シーンについて紹介します。

視聴方法だけを知りたい人はこちら
(この映画をフルで無料視聴する方法)

この作品は、AV女優である紗倉まなが執筆した同名小説を実写映画化したものです。3人の女性がある理由からAV業界と関わりを持つことになります。それぞれの悩みと葛藤しながらも、たくましく生きるヒューマンストーリーとなっています。

見どころとしては、本物のようなAV撮影シーンです。AV女優が題材なだけに、シーン全般に撮影シーンが多く出てきます。そのどれもが非常にリアルで、まるで本物のAVを見ているかのようでした。

一部ネタバレも含んでいますが、この映画を見ようか考えている人はこの記事を参考にしてみてください。

映画「最低。」のあらすじと私の感想

公開 2017年10月31日
原作 紗倉まなの小説
主要キャスト 森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈
年齢制限 R15+
視聴時間 120分

あらすじ「序盤・中盤・後半・結末」

ストーリーを序盤・中盤・後半、そして、結末(クライマックス)の4つに分割して解説します。

序盤のストーリー


©2017「最低。」製作委員会より

ある日、3人の女性がそれぞれの1日を送っていました。まず一人目は、あやこ。あやこ(山田愛奈)は自室で絵を描きながら、幼少期の頃を思い出します。あやこには父親がおらず、小さい頃に母と共に、母の実家へ帰ってきた過去がありました。

二人目は、美穂。美穂(森口彩乃)は子供が欲しいと旦那に相談していました。しかし、旦那は仕事の忙しさを理由に子作りを拒否。美穂は、そんな不満を解消するためにAV女優への申し込みを行い、その日のうちにAVに使う宣材写真の撮影をしてしまいます。

三人目は、彩乃。彩乃(佐々木心音)は人気AV女優であり、今日もAVの撮影をしていました。ちなみに彩乃がAV女優になったきっかけは、スカウトマンからの紹介。意外にも天職だったようで、ハードなプレイも楽しくこなしていました。

そんな中、彩乃のAV撮影中に、母親から着信が入ります。彩乃の母親は、彩乃がAV女優をしていることを周囲から聞き、彩乃を問い詰めるために電話をしたのです。

AV女優であることが親にバレてしまう、日々の退屈さからAVに足を踏み入れてしまうなど、現実世界でもそうなんだろうなと思いましたね。

中盤のストーリー


©2017「最低。」製作委員会より

翌日、美穂はAV撮影の現場へと向かいます(夫へは嘘をついて出かける)。メイクをしてもらった美穂は、初デビューとなる撮影を始めることに。撮影では、露天風呂を舞台に男優との絡みが展開されます。

つづいて彩乃。彩乃が買い物から家へ帰ると、そこには釧路から来ていた母の姿がありました。母は泣きながらAV女優を止めるように説得するも、彩乃はそんな母を振り切ってAVの撮影に行ってしまいます。

そして、あやこ。あやこは、普段通り学校へ登校。しかし、クラス中にあやこの母が(過去に)AV女優だったことが広まっていました。それを理由に、あや子はクラスの女子たちからイジメを受けます。

帰宅後、あやこは母に「AVやってたの?」と問います。それに対し母は素直に「やっていた」と答えます。そのままあやこは、今まで疑問に思っていた自身の父親の事について問うも、父親に関しては何も答えてくれませんでした。

美穂はAVデビューを果たした事で一皮剥けます。その様子が後半からの夫とのセックスシーンで表現されていて非常に良かったです。

終盤のストーリー


©2017「最低。」製作委員会より

美穂がAV撮影をしている最中に最愛の父が亡くなります。撮影後に父の死を電話で知った美穂は、急いで撮影を切り上げ実家へ戻ることに。

その日の夜、美穂は夫に「今から抱いて」とせがみます(AVデビューしてしまった虚しさ、父の死の悲しみによって)。夫は美穂の豹変ぶりに始めは驚くも、そのまま二人は久しぶりに熱いセックスをするのでした。

つづいて彩乃。彩乃が家に帰ると、母からの手紙が置いてありました。手紙は「いつでも帰ってこい」という内容でした。その手紙を見た彩乃は、急いで(母が帰る便の)バス停へ向かいます。

バス停には母の姿がありました。彩乃は母に「もう帰れない、そういう仕事をしてる」と言います。それに対して母は、彩乃を優しく抱きしめるのでした。

どんなに子が親を拒絶しても、最後まで味方であること表現する(彩乃の)母の姿にはジーンときましたね。

結末(クライマックス)


©2017「最低。」製作委員会より

翌朝、あやこが美穂の実家を訪れます。なんと、あやこの父親は美穂の父親でした(あやこと美穂は異母姉妹の関係だった)。父の線香をあげるあやこに、美穂は「父のことを恨まないで」と伝えます。

美穂は、あやこが絵を描いていることに気付きます(手に絵具がついていた)。美穂は、父も絵が好きだったと言うと、父の好きだった画集をあやこに見せ始めました。

その画集は、あやこの最も好きな画集でした。その事実を知ったあやこは、美穂の父が自分の父親だということを確信。そんなあやこを美穂は静かに抱きしめます。

シーンは彩乃に切り替わります。彩乃はAVのマネージャーに電話をかけます。そして「日比野さん(マネージャー)、、、私ね、、、」と何かを伝えようとする所で、物語は終了します。

最後の彩乃の電話は、AVを辞めるという電話だったのでしょうか、、、?最後のオチを観客に委ねるスタイルは面白い演出ですね。

実際に視聴した個人的な感想

この映画の個人的な評価
物語
(3.0)
配役
(3.0)
映像
(2.5)
音響
(2.5)
エロさ
(4.0)
総合評価
(3.0)

AV女優を題材にした映画なだけあって、濡れ場シーンは満載でした。ただエロいだけでなく、AVという職業に関わる女性たちの心情がしっかりと描かれていました。

しかし、映画の内容が「AV女優=恥ずかしい職業」というイメージでの話の展開だったのが個人的には残念でした。今のご時世、AV女優に憧れる女性がいるくらいに、AV女優という職業はクリーンになりつつあります。その風潮をこの作品でも取り入れて欲しかったですね。

とは言え、原作者がAV女優であることから「AV女優=恥ずかしい職業」という世間の目を実体験として交えたのかもしれませんね。

映画「最低。」の濡れ場シーンを紹介

シーン全般に濡れ場シーンが登場します。濡れ場シーンのほとんどがAV撮影のシーンであり、本物のAVのような演出でした。

美穂(森口彩乃)の濡れ場


©2017「最低。」製作委員会より

AV撮影の準備シーンです。スタッフに誘導されるがまま撮影現場に入り、ゆっくりとバスローブを脱ぎ始めます。


©2017「最低。」製作委員会より

少しずつ絡みに慣れてきた美穂は、男優とのセックスに快楽を感じ始めます。


©2017「最低。」製作委員会より

男優とのセックスシーンです。自然をバックに、正常位や騎乗位などを繰り返し、最後は美穂のお腹に男優が射精します。


©2017「最低。」製作委員会より

美穂と夫のセックスシーンです。はじめは乗り気じゃなかった夫も、美穂のオナニー姿に興奮し、セックスをおっ始めてしまいます。

シーン終盤に、美穂のオナニーシーンが出てきます。AVデビューによって大胆になった美穂の演技は見ていて興奮炸裂ものでした。

彩乃(佐々木心音)の濡れ場


©2017「最低。」製作委員会より

彩乃がAVの撮影をしているシーンです。形の綺麗なおっぱいを男優に荒々しく揉まれます。


©2017「最低。」製作委員会より

AV撮影のセックスシーンです。男優が彩乃に気を遣い声をかけるも「私、鉄マンだから」と余裕の素振りを見せます。


©2017「最低。」製作委員会より

エッチな格好での撮影シーンです。激しく正常位で突かれ、最後はお腹に体液を外出しされます。

本当はセクシー女優もやっているの?と疑ってしまうレベルの演技で、本物のAVを見ているようでした。

映画「最低。」を無料で視聴する方法

映画「最低。」を無料で視聴するなら「U-NEXT」がおすすめです。理由としては、31日間の無料お試しを実施していますし、他の官能映画も見放題で視聴することができるからです。

また、他の動画配信サービスとは違い、アダルト動画も見放題で視聴することが大きなメリットです。

31日間無料でお試しできます

まずは無料トライアルで「最低。」を楽しんでみてください。無料期間が過ぎる前に解約すればお金もかからず無料で視聴できますよ。

関連記事【本音】U-NEXTアダルトの評判【無料体験と解約方法の手順も解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。