安達祐実の「濡れ場シーン」が最高にエロい映画1選【ネタバレあり】

安達祐実の「濡れ場シーン」が最高にエロい映画1選【ネタバレあり】

この記事では、安達祐実が濡れ場を演じた映画を紹介します。

安達祐実と言えば、子役の時からアラフォーの現在まで人気を維持し続けている女優ですよね。

そんな安達祐実ですが、過去に1度だけ濡れ場シーンを披露したことがあります。子役の時とは違う、大人の安達祐実の魅力が存分に引き出された作品です。

前置きはこのくらいにして、安達祐実の濡れ場シーンのある映画を紹介します。

安達祐実の「濡れ場シーン」がエロい映画1選

安達祐実の「濡れ場シーン」がある作品は、次の通り。補足として、ヌード写真集についても紹介します。

安達祐実の濡れ場作品

  • 映画1:花宵道中

映画のあらすじと濡れ場シーンを解説します。(※ネタバレ内容を含んでいます。

映画1:花宵道中


©2014「花宵道中」製作委員会より

この映画は、小説家・宮木あや子の同名小説を実写映画化したものです。吉原で遊女として働く女性のリアルな生き様を描いたラブロマンスです。

作品は、江戸時代末期の新吉原が舞台となっています。遊女として囚われの身でありながらもコツコツと働き続け、間もなく年季明け(独立できる状態)を迎えようとしていた朝霧(安達祐実)。そんなある日、半次郎(淵上泰史)という青年と出会い、物語は急展開を迎えます。

個人的な感想としては、華やかな花魁の表側と残酷な裏側が楽しめる内容となっており面白かったです。着物や遊郭も当時をリアルに再現しており、視覚的にも満足できる作品でした。主演を演じた安達祐実の演技も良く、思わず感情移入してしまうほどでした。

濡れ場シーン


©2014「花宵道中」製作委員会より

朝霧が半次郎の前で客とセックスするシーンです。好きな人に自分の羞恥を見られてしまうも、涙目で客との行為を続けます。


©2014「花宵道中」製作委員会より

朝霧と半次郎がセックスするシーンです。客とは感じたことのなかった愛のあるセックスを、時間をかけて堪能します。

上記シーン以外にも濡れ場シーンは多く登場します。どれも艶っぽくて安達祐実のエロさが堪能できます。

(記事下に移動します)

おまけ:ヌード写真集について

クリーンなイメージの強い彼女ですが、ヌード写真集を3つほど発売しています。(セミヌードも含みます。)

一時期ニュースで話題になったので、知ってる人も多くいますよね。そこで、写真集の中でも特におすすめの作品を2つを紹介します。

2013年:安達祐実 写真集「私生活 」

安達祐実が初めて脱いだセミヌードの写真集です。


「私生活」より 撮影:桑島智輝

薄手のシャツに乳首がくっきりと見えるカットが印象的です。当時はかなり話題になったので、上記の写真を見たことがある人は多いのではないかと思います。

この写真集は2シリーズありますが、上記のファーストシリーズがおすすめですよ。

2014年:花宵道中 公式ビジュアルブック「秘花」

上記で紹介した映画「花宵道中」の濡れ場シーンを中心とした、ヌードカット盛りだくさんの作品です。


「秘花」より 制作:東映ビデオ

この写真集用に撮影されたヌードカットなので、映画より断然エロさがあります。セックスを連想させるようなカットなので、エロさを求める人はおすすめです。

現在、プレミアム価格で売買されています。定価の倍以上なので、価格が落ち着いたら購入を検討すればよいかと。

安達祐実の経歴と濡れ場の出演を決めたきっかけ

安達祐実のデビューから現在までの経歴と、濡れ場シーンへの出演を決めたきっかけをまとめました。

経歴をプレイバック

1983年:2歳から芸能活動を始める

2歳から芸能活動を始めた彼女は、とんとん拍子で活動の幅を広げ、多くのCMや映画に出演するように。10歳になると、サンミュージックプロダクションに所属し、その後30年間お世話になります。

ドラマ「家なき子」で天才子役と呼ばれる

ドラマ「家なき子」で主演を演じることになります。その演技力が高く評価され、天才子役として大きな話題となりました。そもそもドラマ自体の視聴率が異常に高かったので、誰もが知る子役になりましたね。

「家なき子」で安達祐実が発したセリフ「同情するならカネをくれ」は、流行語大賞にも選ばれるほど当時は話題になりましたよね。

2020年:変わらない容姿が話題となり再ブレイク

いつまでも童顔の可愛らしい容姿から、子役のイメージが抜けきれなかった彼女ですが、その容姿を逆手にとり2020年に雑誌「CanCam」で最年長の表紙モデルに。これをきっかけに、幼少期と変わらないルックスが話題となり、再注目されることとなります。

2022年(現在):事務所から独立し芸能活動を継続

2021年に30年間所属していたサンミュージックプロダクションを退社しましたが、現在も独立して芸能活動を継続しています。

大手事務所から独立したきっかけとして、子役時代のイメージを一掃したい彼女と事務所の間でズレが生じていたようです。独立後は長くマネージャー業を勤めていたMが代表となり、新しい事務所を設立しています。

現在は、独立したことでのびのびと自分らしい活動をしています。新しい彼女の活躍に期待です。

濡れ場の出演を決めたきっかけ

映画「花宵道中」で濡れ場シーンを披露した彼女は、メディアの取材で以下のように答えています。

「私自身、思い切ったことがやれる役が欲しいと思っていた時期なので、タイミングも合ってわりとすぐに出演を決めました。」

ドラマ「家なき子」で子役のイメージが強くなってしまったため、女優として葛藤する部分が大きかったようです。そのことからも、子役のイメージを払拭するために”思い切った役柄”として濡れ場シーンに挑戦したのではないのでしょうか。

実際、この映画の出演をきっかけに幅広いジャンルを演じるようになった印象がありますね。

安達祐実が出演する映画を、無料で視聴する方法

上記で紹介した映画を含めた、官能映画やR指定映画をまとめて視聴するなら「U-NEXT」がおすすめです。

U-NEXTであれば月額2,189円で映画や雑誌、アダルト動画が見放題です。もちろん上記で紹介した映画は見放題です。

31日間無料でお試しできます

今なら31日間の無料体験を実施しているので、無料で視聴ができますよ。安達祐実の映画を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。