市川由衣の「濡れ場シーン」がエロい映画1選【ネタバレあり】

市川由衣の「濡れ場シーン」がエロい映画1選【ネタバレあり】

この記事では、市川由衣が濡れ場を演じた映画を紹介します。

市川由衣と言えば、ファンから根強い人気のあるグラビアアイドル兼女優として有名ですよね。出演している映画やドラマには脇役が多いのですが、それでも100本以上の作品に出演しています。

そんな市川由衣ですが、濡れ場が何度もあるような映画に出演した経験が1度だけあります。正統派女優としてキャリアを積み重ねていた最中の作品でしたので、個人的にとても驚きました。

前置きはこのくらいにして、市川由衣の濡れ場シーンのある映画を紹介します。

市川由衣の「濡れ場シーン」がエロい映画1選

市川由衣の「濡れ場シーン」がある作品は、次の通り。補足として、ヌード写真集についても紹介します。

市川由衣の濡れ場作品

  • 映画:海を感じる時

映画のあらすじと濡れ場シーンを解説します。(※ネタバレ内容を含んでいます。

映画:海を感じる時

この映画は、都合の良い女だと理解しながらも男を想い続けた恵美子(市川由衣)と体の関係だけを求めた高野洋(池松壮亮)の誰も幸せにならないセンセーショナルな作品です。

洋を想い続け、諦めなかった恵美子。その恵美子をうっとおしがる洋。ただ、性欲は抑えきれず、関係を持ち続けてしまう。次第に、洋の心境は変わっていき恵美子を愛おしく思うようになるが、時はすでに遅し。恵美子は過去の辛かった状況を精算できずに、実家に帰ってしまいます。

個人的な感想としては、ストーリーに驚きがなく、やや退屈さを感じてしまいました。作品の設定上、視聴者の心を揺さぶる演出がしたい意図は伝わりましたが、いささか平凡な作品だなと、、、。しかも、現在と過去を行き来しながらストーリーが進むので、ストーリーが理解しづらかったりもしました。

濡れ場シーン


画像元:©2014「海を感じる時」製作委員会

シーン冒頭での濃厚な濡れ場です。突然のスコールで濡れてしまった恵美子と洋。洋の下宿に戻り、愛のないセックスをする。映画設定における軸である「都合の良い関係」を示すシーンです。

セックスをするためだけに恵美子のアパートを訪ねる洋。そして、洋の要求に答える恵美子。都合の良い関係を続けてしまいます。

洋の姉と話したことで、やりきれない気持ちになる恵美子。そのまま居酒屋で一人飲みをして、同じ店にいた男とセックスをしてしまいます。

濡れ場シーンは全部7回あります。市川由衣が体を張った作品ですが、どうしても作品の設定が稚拙でキャストの良さが活かせなかったですね。

(記事下に移動します)

おまけ:セミヌード写真集について

市川由衣はセミヌード写真集も出版しています。
既に見たことがある人は多いと思いますが、特におすすめの3つを紹介します。

2006年:市川由衣 20歳記念写真集

全192ページに及ぶボリュームマックスの写真集です。

セミヌードショットはありませんが、水着写真が多くあるので満足できるかと思います。なによりもページ数が多い!写真数自体は208カットあるので、市川由衣が好きになった人にはおすすめです。

2012年:市川由衣 写真集「Origine」

市川由衣のセミヌード写真集です。

セミヌード写真集なので、バストトップは隠していますし「透け」もないです。が、市川由衣らしい豊かな表情とあどけないショットが多くあります。

2015年:市川由衣 写真集「YUI」

この写真集も市川由衣のセミヌード写真集です。

ロングヘアが似合う大人っぽい色気のあるショットが多くある写真集です。個人的には、写真集の中で一番おすすめできます。

市川由衣の経歴と濡れ場の出演を決めたきっかけ

市川由衣のデビューから現在までの経歴と、濡れ場シーンへの出演を決めたきっかけをまとめました。

経歴をプレイバック

2000年:グラビアアイドルとしてデビュー


画像元:メルカリ

ナムコ主催のオーディションでグランプリを受賞したことで、グラビアアイドルとして芸能界入りをします。

そして、翌年の2001年には写真集を発売し、深夜テレビドラマの「渋谷系女子プロレス」で役者デビューをします。

2003年:「呪怨」で映画デビュー


画像元:TOKYO MX

以前から「ごくせん」などのドラマ出演はあったのですが、どのドラマでもパッとしない役どころばかりでした。ただ、演技力が認められたからなのか「呪怨」で映画デビューを果たします。

映画デビューをしてからは、テレビドラマや映画への出演が格段に多くなりました。

ドラマでは主演はほとんどありませんが、映画では「サイレン」「NANA2」「音符と昆布」で主演を務めてるんですよ。

2003〜2016年:映画にドラマにマルチに活躍

呪怨で映画デビューしてから、毎年数本の映画とドラマに出演するようになりました。さらに、舞台や歌手活動も行っていたので、マルチ女優的な若手でした。

もともとグラビアアイドルとしてデビューをしていましたが、役者としての実績を積み重ねていくにつれて女優としての認知が高まっていきましたね。

2021年現在:ドラマを中心に活躍

現在はドラマを中心に活躍していますが、以前と比べると役者としての露出は格段に少なくなりました。

2016年に結婚+出産、2020年には第二子を出産したので、仕事量をセーブしているのでしょう。むしろ、今までドラマに映画、舞台、歌手活動、写真集とマルチに活躍していたので、仕事と家計を両立しながら上手くやっているのだと思います。

メディアへの露出が急に少なくなったので「干された?」みたいなニュースを見たことがありますが、単純に子育てで忙しいんだと思います。

濡れ場の出演を決めたきっかけ

映画「海を感じる時」で初の濡れ場を披露しましたが、出演きっかけをメディアの取材で以下のように答えていました。

1ヶ月悩みに悩んだが、役柄に惹かれてオファーを引き受けた

役柄に惹かれて、、、女優のお手本のような返答ですよね。

しかし、実際には出演料に惹かれたことも理由のひとつではないかと個人的に推測します。と言うのも、ちょうどタイミング的に市川由衣の母が体調を崩していたので、家計をサポートしようとしたのではないかと、、、。

市川由衣は今まで多くの映画やドラマに出演してきましたが、正統派女優としてのキャリアを築いていましたよね。13年のキャリアの中で一度も濡れ場を披露していなかったので、それなりの理由があったのだと思います。

役柄に惹かれただけで、何度も濡れ場のあるような映画には出演しないと思うんですよね。

市川由衣が出演する映画を、無料で視聴する方法

上記で紹介した映画を含めた、官能映画やR指定映画をまとめて視聴するなら「U-NEXT」がおすすめです。

U-NEXTであれば月額2,189円で映画や雑誌、アダルト動画が見放題です。もちろん上記で紹介した映画は見放題です。

31日間無料でお試しできます

今なら31日間の無料体験を実施しているので、無料で視聴ができますよ。市川由衣の映画を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。