映画「火口のふたり」のあらすじと濃厚な濡れ場シーン【無料視聴の方法も紹介】

映画「火口のふたり」のあらすじと濃厚な濡れ場シーン【無料視聴の方法も紹介】

この記事では、映画「火口のふたり」のあらすじや濡れ場シーンについて紹介します。

視聴方法だけを知りたい人はこちら
(この映画をフルで無料視聴する方法)

この作品は、直木賞作家である白石一文の同名小説を実写映画化したものです。賢治(柄本佑)は、元恋人の結婚式に出席するため故郷に帰省。そこで疎遠だった元恋人と再会したことをきっかけに、お互いに惹かれ合っていくヒューマンラブストーリーとなっています。

見どころとしては、他の映画にはない演出が多かった点です。この映画には、二人の人物しか登場せず、シーンのほとんどを食事とセックスシーンが占めています。一見飽きがきてしまう演出ですが、それを感じさせない作りとなっており見事でした。

一部ネタバレも含んでいますが、この映画を見ようか考えている人はこの記事を参考にしてみてください。

映画「火口のふたり」のあらすじと私の感想

公開 2019年8月23日
原作 同名小説
主要キャスト 柄本佑、瀧内公美
年齢制限 R18+
視聴時間 115分

あらすじ「序盤・中盤・後半・結末」

ストーリーを序盤・中盤・後半、そして、結末(クライマックス)の4つに分割して解説します。

序盤のストーリー


©2019「火口のふたり」製作委員会より

東京で暮らす賢治のもとに父から電話がきます。内容は従妹の直子(瀧内公美)の結婚が決まり、彼女の挙式の日程を知らせる連絡でした。

賢治と直子は、従兄妹という関係でありながら、学生時代は恋人だった過去がありました。しかし、身内に知られるのを恐れた賢治は別れを決意。それ以来二人は疎遠になっていました。

直子の挙式まで残り10日となり、賢治は故郷へと帰省。すると直子は、賢治が帰省したことを聞き付け、賢治の実家へ押しかけます。久しぶりの再会にぎこちなさを感じつつも、彼女の頼みで賢治は買い物に付き合うことに。

買い物を終えた二人は直子の実家に向かい、恋人時代だった頃のアルバムを見始めます。富士山のポスターの前で撮った写真を見た直子は「この写真がいちばん好き」と呟きました。

懐かしむ賢治に直子は「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」と誘惑。賢治もその誘いに応じ、二人はそのまま体を重ね合うのでした。

アルバムにはハメ撮り写真もあり、まだ白黒のインスタントカメラでの撮影だったのが、逆にエロさを感じました。

中盤のストーリー


©2019「火口のふたり」製作委員会より

直子は一晩だけのつもりでセックスをしましたが、賢治は久しぶりのセックスで性の快楽を覚えてしまい、その後も直子の体を求め続けます。

それに対し直子も拒むことなく、「結婚相手が出張から戻ってくるまで(5日間)なら」と告げます。それ以降二人は、会う度にセックスする日々を送るようになりました。

5日後、二人はホテルに泊まり、最後の夜を過ごします。そこで直子は賢治に、亡くなった賢治の母が「賢治と直子が一緒になればいいと思ってた」と話していたことを打ち明けました。

それを聞いた賢治は驚きます。そして、恋人が従妹であることを後ろめたく思っていた過去から、早く言ってくれればよかったのにと、死んだ母への恨み言をつぶやくのでした。

シーン中盤にバスでの手マンシーンもあり、まるで企画もののAVを見ているようでした。

終盤のストーリー


©2019「火口のふたり」製作委員会より

翌朝、賢治が起きると直子の姿はなく「結婚式に来てね」と書かれた手紙だけが残されていました。

しかし結婚式当日、賢治の元に結婚式が延期になったという知らせが届きます(理由は旦那の仕事の都合のため)。

すぐに直子に電話をかけた賢治は、そのまま新居に呼ばれ会いに行くことに。そこで賢治は、富士山の火口のポスターを渡されます。そのポスターは過去に賢治の部屋に飾ってあったものでした。

ポスターを眺め懐かしむ賢治に直子は、近々富士山が大噴火するとつぶやきます(婚約者のパソコンにあった極秘ファイルを直子が見たことによって判明)。

式の延期によって、結婚に対して心が冷めてしまった直子は「けんちゃん、ここにいていいよ」とつぶやき、富士山噴火まで賢治とともに過ごすことにしました。

ここでタイトルと今までのストーリーが繋がりました。描写も丁寧で分かりやすい演出が多かったです。

結末(クライマックス)


©2019「火口のふたり」製作委員会より

富士山が噴火する前日。「自分の人生を(ちゃんと)生きてみようって思わないの?」と賢治に問いただす直子。しかし賢治は、「俺のやりたいことは直子とセックスをすること」と開き直ります。

翌日、二人がテレビの報道を見ていると、どのチャンネルも富士山の噴火による災害規模が取り上げていました。富士山がとうとう噴火しようとするなか、二人は寝室でセックスを始めることに。

射精寸前となった賢治は「中に出してもいい?」と直子に欲望を吐き出します。直子はその言葉に微笑み、中出しを承諾するところで物語は終了します。

最後は富士山の噴火と共に賢治のアソコも噴火して終わりましたね。エロ満載の映画だったため納得するオチでした。

実際に視聴した個人的な感想

この映画の個人的な評価
物語
(4.0)
配役
(3.0)
映像
(4.0)
音響
(3.0)
エロさ
(4.0)
総合評価
(3.5)

無駄な描写が一切なく、大半が濡れ場シーンと食事(賢者タイム)シーンでした。2つのシーンを交互に展開することで、お互いの心情が丁寧に映し出されており面白かったです。

また、今作では賢治と直子の二人しか登場しませんでしたが、それを感じさせないような演出が多く、最後まで飽きずに楽しめる作品でした。

瀧内公美の美貌と演技が最大限発揮されていた作品でした。実際にこの作品で彼女は数々の賞を受賞しています。

映画「火口のふたり」の濡れ場シーンを紹介

シーン全般に直子と賢治のセックスシーンが多く登場します。セックスの体位や場所がほとんど異なるため、どのシーンも興奮材料になります。


©2019「火口のふたり」製作委員会より

直子と賢治の再会セックスシーンです。直子は一心不乱に騎乗位をしながら、賢治の乳首をねっとりと舐め始めます。


©2019「火口のふたり」製作委員会より

性欲が抑え切れなくなった賢治に無理矢理犯されるシーンです。直子は拒み切れず、そのままダイニングテーブルをベッド代わりにしてセックスしてしまいます。


©2019「火口のふたり」製作委員会より

ホテルでセックスするシーンです。直子は賢治に濃厚なクンニをされ、艶やかな喘ぎ声を部屋中に響かせます。


©2019「火口のふたり」製作委員会より

ホテルで最後の夜を過ごすシーンです。今までの燃え上がるセックスとは違い、哀愁が漂う中で欲求を満たし合います。

お掃除フェラシーンや青姦シーンなど、リアルなセックス描写もあり非常に良かったですね。

関連記事瀧内公美の「濡れ場シーン」が最高にエロい映画4選【ネタバレあり】

映画「火口のふたり」を無料で視聴する方法

映画「火口のふたり」を無料で視聴するなら「U-NEXT」がおすすめです。理由としては、31日間の無料お試しを実施していますし、他の官能映画も見放題で視聴することができるからです。

また、他の動画配信サービスとは違い、アダルト動画も見放題で視聴することが大きなメリットです。

31日間無料でお試しできます

まずは無料トライアルで「火口のふたり」を楽しんでみてください。無料期間が過ぎる前に解約すればお金もかからず無料で視聴できますよ。

関連記事【本音】U-NEXTアダルトの評判【無料体験と解約方法の手順も解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。