吉高由里子の「濡れ場シーン」がエロい映画1選【ネタバレあり】

吉高由里子の「濡れ場シーン」がエロい映画1選【ネタバレあり】

この記事では、吉高由里子が濡れ場を演じた映画を紹介します。

吉高由里子と言えば、プライベートではゆるい雰囲気なのに、役者業では、きっちり仕事をするイメージがありますよね。

そん吉高由里子ですが、今までに1作品だけ濡れ場シーンに出演したことがあります。その濡れ場シーンのある映画を紹介します。

吉高由里子の「濡れ場シーン」がエロい映画1選

吉高由里子の「濡れ場シーン」がある作品は、次の通り。補足として、ヌード写真集についても紹介します。

吉高由里子の濡れ場作品

  • 映画:蛇にピアス

映画のあらすじと濡れ場シーンを解説します。(※ネタバレ内容を含んでいます。

映画:蛇にピアス

この映画は、芥川賞を受賞した同名小説が原作の映画です。痛みを感じることで、自分の存在意義を見出そうとする中沢ルイ(吉高由里子)の生き様が描かれています。

ルイと一緒に同棲していたアマ(高良健吾)を通じてタトゥーショップを経営するシバ(井浦新)を紹介される。やがてルイは、刺青を掘る対価とし、シバからセックスを求められ、その対価に応じます。そして、アマが悲惨な状態の死体で見つかり、その犯人はシバであることに気づいてしまうルイ、、、。最終的にルイは、独り立ちを決断します。

余談ですが、原作小説と映画では結末が少し違います。映画ではルイが交差点でうずくまるシーンがありますが、原作ではシバと会話をしたシーンで終了します。もともとこの映画は、作者本人の意向のもと作られたので、最後のシーンはいわゆる「追加されたオリジナルのシーン」と言えると思います。

濡れ場シーン


画像元:©2008「蛇にピアス」製作委員会

渋谷のクラブで出会ったルイとアマ。そして、場所を移動しすぐにお互いを求め合います。

行為が終わった後の一幕。吉高由里子の綺麗な体が印象的です。

刺青の対価としてのルイとシバのセックスシーンです。シバの性的嗜好がサディスティックなので、激しい濡れ場です。

ルイがセックスの際、苦しまなくなったことでシバがプレイを辞めます。アマが死んだことに立ち直れずにいる状況です。

シバがアマを殺した理由や交差点でうずくまるシーンの「なぜ」が明確にされていない分、自分でアレコレ考察すると面白いですよ。

(記事下に移動します)

吉高由里子の経歴と濡れ場の出演を決めたきっかけ

吉高由里子のデビューから現在までの経歴と、濡れ場シーンへの出演を決めたきっかけをまとめました。

経歴をプレイバック

2004年:原宿でスカウトされ芸能界に入る

吉高由里子が高校生の時、現在所属している芸能事務所であるアミューズのスタッフにスカウトをされ芸能活動を始めます。

その後、翌年に映画「ZOO」で女優デビューを果たします。そして、さらに翌年には、映画「紀子の食卓」で最優秀新人賞受賞(ヨコハマ映画祭)します。

吉高由里子の演技力に関しては、賛否が分かりますが、少なくとも業界関係者からは評価されていましたね。

2008年:映画「蛇にピアス」で初の濡れ場を披露

吉高由里子の初主演映画「蛇にピアス」で濡れ場を披露します。原作がすでに話題となっていた作品だったので、オーディションを勝ち抜いたのはひとえに実力の賜物でしょう。

ただ、主演決定の数日後に、交通事故で大怪我をおってしまいます。この事故をきっかけにして、吉高由里子は「女優人生の転機」と仰っていました。

どうやら交通事故がきっかけで、「実は周りの人に助けられているんだな」と実感して、尖っていたものが削ぎ落とされたようですよ。

2014年:ドラマ「花子とアン」でさらにブレイク

もともと蛇にピアスでブレイクしていましたが、ドラマ「花子とアン」でさらにブレイクします。平均視聴率が22.6%ですからね。めちゃくちゃ人気のドラマでした。

このドラマを通して、蛇にピアスの濡れ場イメージも払拭されて、CMの契約数も増えたようです。

2021年現在:屈託のないキャラで変わらず活躍

「花子とアン」以降は出演した作品で飛び抜けたヒット作はありませんが、コンスタントに役者としての実績を積み上げています。

バラエティ番組でも、天然キャラと言いますが、屈託のないキャラで人気があるので、これからの活躍も楽しみですね。

以前と比べたら若干、映画やドラマの出演数が減ったかな、、、と思いますが、それでも毎年数本の作品には出演しています。

濡れ場の出演を決めたきっかけ

上記で紹介した通り、吉高由里子は映画「蛇にピアス」で初めての濡れ場を演じました。テレビや雑誌取材などでは出演きっかけは、具体的に語られていないので以下はあくまでも考察になります。

結論から言えば、「そういった映画だから」というのが単純な理由かと思います。または、「役者って、そういうものだよね」といったことが理由なのではないかと考察します。

そもそも「濡れ場=本番をすること」だと思っていたとメディア取材で答えていました。肝っ玉が座りまくってますよね。

吉高由里子が出演する映画を、無料で視聴する方法

上記で紹介した映画を含めた、官能映画やR指定映画をまとめて視聴するなら「U-NEXT」がおすすめです。

U-NEXTであれば月額2,189円で映画や雑誌、アダルト動画が見放題です。もちろん上記で紹介した映画は見放題です。

31日間無料でお試しできます

今なら31日間の無料体験を実施しているので、無料で視聴ができますよ。吉高由里子の映画を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。