黒谷友香の「濡れ場シーン」が最高にエロい映画2選【ネタバレあり】

黒谷友香の「濡れ場シーン」がエロい映画2選【ネタバレあり】

この記事では、黒谷友香が濡れ場を演じた映画を紹介します。

黒谷友香と言えば、目鼻立ちが整ったベテラン女優ですよね。性格に関しても、サバサバした性格の持ち主なので、男女問わず人気です。

そんな黒谷友香ですが、2作の映画で濡れ場シーンを演じています。もともと清楚系としてのイメージを売りにしていましたが、これらの作品を通して幅広い役柄をこなすきっかけにもなりました。

前置きはこのくらいにして、黒谷友香の濡れ場シーンのある映画を紹介します。

黒谷友香の「濡れ場シーン」がエロい映画2選

黒谷友香の「濡れ場シーン」がある作品は、次の通り。

黒谷友香の濡れ場作品

  • 映画1:TANNKA 短歌
  • 映画2:眠れぬ真珠

映画のあらすじと濡れ場シーンを解説します。(※ネタバレ内容を含んでいます。

映画1:TANNKA 短歌

この映画は、女流歌人である俵万智の長編小説「トリアングル」を実写映画化したものです。ちなみに監督は、数々の大ヒット曲の作詞を手がけた阿木燿子です。

フリーライターとして活躍する独身女性が、2人の男性と恋に落ちます。自由な関係が心地よい既婚者の年上男性と、本能のままに愛してくれる年下男性です。2人の間で心が揺れ動きながらも、女性として少しずつ成長していく官能ラブストーリーです。

個人的な感想としては、黒谷友香の演技が非常に素晴らしかったです。初めての濡れ場とは思えないほどの大胆な演技に何度も股間を熱くしてしまいました。また、シーン全般に情景に合った短歌が流れるシーンもあり、短歌を知っている人はより楽しめる作品かと思います。

濡れ場シーン


©2006「TANNKA 短歌」製作委員会より

薫里(黒谷友香)が小説を朗読している中、体をいじられるシーンです。真面目に朗読をしていた声がどんどんと艶やかな声に変わっていき、最後はあまりの気持ちよさに朗読どころではなくなります。


©2006「TANNKA 短歌」製作委員会より

薫里と圭(黄川田将也)のセックスシーンです。お互いの体をたくさん愛撫し合った後、正常位で激しく突かれます。


©2006「TANNKA 短歌」製作委員会より

薫里が前戯されているシーンです。薫里はアソコを弄られる気持ちよさに激しくもだえ、快楽を感じます。

息遣い一つにしても、その時の感情によってうまく使い分けがされており見事な演技でした。

関連記事映画「TANNKA 短歌」のあらすじと濃厚な濡れ場シーン【無料視聴の方法も紹介】


(記事下に移動します)

映画2:眠れぬ真珠

この映画の内容は現在準備中です。少々お待ちを。

黒谷友香の経歴と濡れ場の出演を決めたきっかけ

黒谷友香のデビューから現在までの経歴と、濡れ場シーンへの出演を決めたきっかけをまとめました。

経歴をプレイバック

1992年:雑誌モデルとして活動開始

ファッション雑誌のモデルオーディションに合格したことで、芸能の仕事に関わることになります。黒谷友香がまだ高校生だった時です。とは言え、モデル時代は特に話題になることもなかったので、モデル業をこなしつつ短大に進学しています。

1995年:モデルから女優業へ転向

映画「BOXER JOE」に出演以降、ドラマを中心に仕事のオファーが殺到します。なによりも驚きなのが、この年にテレビCMを4社と契約していることです。黒谷友香にとって、女優業へシフトする大きな転機となりましたね。

女優として人気となった黒谷友香は、性格が真面目なこともあり、スキャンダルは全くなかったようです。

2006年:初の濡れ場演技に挑戦

上記で紹介した映画「TANNKA 短歌」で女優人生初の濡れ場シーンを演じました。今までは清楚系の役柄が多かったのですが、この作品を通してより大人な女性へとイメージチェンジしましたね。

2022年(現在):女優業を継続しながらプライベートも充実

現在もドラマを中心に女優として活躍しています。女優業にシフトした1995年から仕事のオファーが途切れることがないので、本当に凄いですよね。

また、黒谷友香は、千葉県郊外に週末だけ過ごすような生活をしているので、乗馬やガーデニングなどプライベートも充実しているようです。

黒谷友香は現在45歳ですが、とても実年齢には見えない若さをキープしています。引き締まった体も美しいですよね。

濡れ場の出演を決めたきっかけ

テレビや雑誌取材で濡れ場に関する直接的な話はなかったので、以下はあくまでも考察になります。

結論から言うと、女優として「役柄の幅」を増やしたかったのではないのでしょうか。
黒谷友香は女優に転向後、大手企業のCMに起用されることとなります。CMのイメージキャラの維持のためか、当時は清楚な役柄が多い印象でした。

そのイメージキャラを払拭し役柄の幅を増やすために、濡れ場演技に挑戦したのではないかと考察します。また、黒谷友香は非常に真面目な性格としても有名です。監督や観客の望む役柄を演じるために、濡れ場シーンにおいても真面目に取り組まれたのだと思います。

2004年に、たかの友梨ビューティクリニックのテレビCMで、セミヌードを披露しています。この頃から徐々に清楚な女性から大人の女性にイメージチェンジしていたのかもしれません。

黒谷友香が出演する映画を、無料で視聴する方法

上記で紹介した映画を含めた、官能映画やR指定映画をまとめて視聴するなら「U-NEXT」がおすすめです。

U-NEXTであれば月額2,189円で映画や雑誌、アダルト動画が見放題です。もちろん上記で紹介した映画は見放題です。

31日間無料でお試しできます

今なら31日間の無料体験を実施しているので、無料で視聴ができますよ。黒谷友香の映画を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。