田中美佐子の「濡れ場シーン」が最高にエロい映画2選【ネタバレあり】

田中美佐子の「濡れ場シーン」が最高にエロい映画2選【ネタバレあり】

この記事では、田中美佐子が濡れ場を演じた映画を紹介します。

田中美佐子と言えば、母親役を演じる女優さんのイメージですよね。最近では女優業だけでなく趣味の釣りを活かして、バラエティ番組にもよく出演されています。

そんな田中美佐子ですが、デビュー当時に何度か濡れ場シーンを演じています。今でこそ母親役が板についていますが、当時はあどけない表情と可愛らしさが人気となっていました。

前置きはこのくらいにして、田中美佐子の濡れ場シーンのある映画を紹介します。

田中美佐子の「濡れ場シーン」がエロい映画2選

田中美佐子の「濡れ場シーン」がある作品は、次の通り。

田中美佐子の濡れ場作品

  • 映画1:丑三つの村
  • 映画2:ダイアモンドは傷つかない

映画のあらすじと濡れ場シーンを解説します。(※ネタバレ内容を含んでいます。

映画1:丑三つの村


©1983「丑三つの村」製作委員会より

この映画は、戦時中に起きた「津山事件」を題材に描かれた作品です。病気への差別や村の悪癖などを、リアルに映し出した映画となっています。

作品は、戦時中の閉鎖的な村が舞台となっています。村一番の秀才だった継男(古尾谷雅人)は国のために戦いたいと思っていましたが、兵役検査で結核と診断されてしまいます。村人は継男を差別するようになり、継男の中にどんどん憎しみが生まれていきます。

個人的な感想としては、起承転結がしっかりとしており分かりやすいシナリオだと思いました。しかし、夢を絶たれ、差別された主人公の「苦悩さ」があまり伝わってこなかった点は惜しいと感じました。濡れ場シーンはリアルで大胆な演出が多いため、濡れ場目的であればオススメできる作品です。

濡れ場シーン


©1983「丑三つの村」製作委員会より

継男が元恋人のヤスヨ(田中美佐子)を襲うシーンです。ヤスヨの体をいじるも吐血(結核の症状)してしまい、最後まで出来ずに終了してしまいます。


©1983「丑三つの村」製作委員会より

ヤスヨと継男がセックスするシーンです。まだ未練のあるヤスヨは、元恋人である継男を受け入れます。

田中美佐子以外の女優さんも体当たりな濡れ場演技を披露しており、かなり見応えのある作品でした。

関連記事映画「丑三つの村」のあらすじと濃厚な濡れ場シーン【無料視聴の方法も紹介】


(記事下に移動します)

映画2:ダイアモンドは傷つかない


©1982「ダイアモンドは傷つかない」製作委員会より

この映画は、小説家である三石由起子の同名小説を実写映画化したものです。20歳の女子大生と、妻や愛人がいる中年男との、いびつな半同棲生活が描かれています。

弓子(田中美佐子)は予備校講師である三村(山崎努)と、ある事をきっかけに親しくなります。その後、二人は急速に仲を深め、愛し合う関係に。しかし、妻も愛人もいる三村との関係に疲れ始めた弓子は、ある決断をします、、、。

個人的な感想としては、だらしない不倫映画という感じでしょうか。オチもアッサリとしていて面白みは今ひとつでした。田中美佐子の濡れ場シーンは、まだ初々しさが残っていて良かったです。ただ、序盤の濡れ場シーンの音楽が妙にポップで、エロい雰囲気ではなかったのが残念でした。

濡れ場シーン


©1982「ダイアモンドは傷つかない」製作委員会より

弓子と三村が熱い口づけを交わすシーンです。弓子は三村の体にゆっくりと触れ、しっとりと言葉を交わしながらキスをし合います。


©1982「ダイアモンドは傷つかない」製作委員会より

弓子と三村のセックスシーンです。激しく体を求める三村に、弓子は強く抱きしめ受け入れます。


©1982「ダイアモンドは傷つかない」製作委員会より

弓子と三村が繋がるシーンです。不倫の関係に葛藤する弓子でしたが、涙ながらに三村と重なり合います。

田中美佐子の若々しい体つきや、あどけない表情はかなりの興奮材料となりました。あの張りのあるお尻は人生で1回は拝みたい代物ですね。

田中美佐子の経歴と濡れ場の出演を決めたきっかけ

田中美佐子のデビューから現在までの経歴と、濡れ場シーンへの出演を決めたきっかけをまとめました。

経歴をプレイバック

1981年:女優業としてデビューを果たす

女優業に興味があった田中美佐子は、大学在学中に「劇団ひまわり」に入団します。そして、念願叶い1981年にドラマ「想い出づくり」で女優デビューを果たします。この出演をきっかけに彼女は数々のドラマや映画に出演するようになります。

1982年:映画「ダイアモンドは傷つかない」で主演を勤める

映画「ダイヤモンドは傷つかない」で主演を務め、フルヌードと濡れ場シーンを演じきります。そして、この体当たりな演技が評価され、この作品で「日本アカデミー賞新人賞」を受賞します。

その後も映画「丑三つの村」やドラマ「おしん」など、大ヒット映画や人気ドラマに多く出演するようになりました。

今でこそ母親役の印象が強い彼女ですが、昔はどこか守りたくなる清純派女優でした。

2005年〜:女優活動休業を経て、母親役を演じるように

1995年にお笑いコンビ「Take2」の深沢邦之と結婚。その後、待望の子どもを妊娠し、育児をきっかけに一時女優活動を休業していました。

2005年にドラマ「ブラザービート」で母親役として復帰。それ以降、母親役として映画やドラマに出演するようになります。

2022年(現在):趣味を活かしてバラエティ番組への露出が増える

現在は女優業を継続しながら、自身の趣味を活かしてバラエティ番組へも出演するようになっています。特に釣りが趣味なので、釣り関連の番組にはよく出演しています。

釣り企画をしているときは、女優の時には見られないイキイキとした表情を見ることができますよ。

濡れ場の出演を決めたきっかけ

テレビや雑誌取材で濡れ場に関する直接的な話はなかったので、以下はあくまでも考察になります。

結論から言うと、事務所の圧力があったのではないでしょうか。映画「ダイアモンドは傷つかない」で初の濡れ場シーンを演じた彼女は、演技力が評価され順調な女優街道をスタートさせました。

しかし本人は、その後も濡れ場シーンのある作品への出演が続くことに嫌気が指し、一時女優活動を休止するとともに、事務所を移籍します。移籍後、濡れ場シーンを演じなくなったことからも、事務所との意見の相違によって、仕方なく濡れ場シーンを演じていたのではないでしょうか。

このような理由だったとしても、濡れ場シーンの演技は見事でした。彼女の演技に対する本気度は、濡れ場シーンであっても発揮されていたように思えます。

田中美佐子が出演する映画を、無料で視聴する方法

上記で紹介した映画を含めた、官能映画やR指定映画をまとめて視聴するなら「U-NEXT」がおすすめです。

U-NEXTであれば月額2,189円で映画や雑誌、アダルト動画が見放題です。もちろん上記で紹介した映画は見放題です。

31日間無料でお試しできます

今なら31日間の無料体験を実施しているので、無料で視聴ができますよ。田中美佐子の映画を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。